松本で整体をお探しなら、松本市新村のはり灸院あずへ!オイルを使用したマッサージと整体で骨盤矯正、肩こり、不妊治療、腰痛を根本治療し、自然治癒力を高めていきます。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0263-55-6589
受付時間(日・祝日除く/予約制)
【午前】 9:00~12:00
【午後】14:00~19:00
公開日:2016年12月20日
最終更新日:2017年11月1日

エストロゲンは次の妊娠に向けて子宮内膜を厚くしていくホルモンです。

このエストロゲンが過剰に分泌されると

子宮内膜が厚くなりすぎてしまい、

生理の時に排出するのが大変になります。
シンプルに言うと生理痛がひどくなるのですね。

では、エストロゲン過剰の原因ってなんでしょうか?
メラトニンの分泌不足。

メラトニンは睡眠を促すホルモンですが、

エストロゲンが作られすぎるのを抑えてくれる役割もあります。

夜更かしや、夜型の生活がメラトニン分泌を不足させます。

朝起きて日光を浴びるとメラトニンの分泌リズムが良くなります。

さらに朝日はミトコンドリアを活性化するので、是非是非やっていただきたいです。

1日最低5分。

次に関係あるのは、環境ホルモンです。

環境ホルモンってなに?

それは空気、食べ物に混ざっているモノ。

体内のホルモンバランスを崩すモノです。

特に

乳製品、肉、牛乳

これらは作られる時にどんなホルモン剤を使っているか

想像したことありますか?

また、

殺菌剤、防腐剤、食品添加物、農薬、ダイオキシン。。

口から、皮膚から、鼻からも吸収された環境ホルモンは

エストロゲンに似た作用を体内でおこし

子宮内膜を厚くします。

内膜をしっかり落とすためにはプロスタグランジンが必要になって来ますので

生理痛がひどくなります。

次回はエストロゲン過剰と肝臓の働き。それが基礎体温に与える影響を書いていきます。

この記事のキーワード

この記事の著者

はり灸院あず 土屋
はり灸院あず 土屋
記事一覧

著者一覧